入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト Diary > 帰阪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

帰阪

どうも。

早くも更新が滞っています。申し訳ない。
ちょっとドタバタしてまして、
決して見たいテレビ番組が録りたまっていたとかそういう訳ではありません。
我が家に来たTVのおかげで公私共に忙しくさせてもらっています。

前回の日記で少し触れた通り先日大阪に帰っていました。
世間ではGWということもあって各交通機関は非常に込み合いました。
まぁそんな混雑の一員になったわけですが、、、。
新幹線は時間がかからない&快適ということで非常に非常に魅力的ですが、
お財布に優しい夜行バスで帰ることにしました。
ぎりぎりでしたがチケットもなんとか取れ、いざバス乗り場へ。
5月上旬とは思えない熱気。そして蒸気。
そして乗車。
満席で非常に窮屈でした。
ただでさえ暑いのに隣には某テーマパークに行った帰りであろうカップル、
頭にあのネズミの耳を模したカチューシャをはめたままべたべたしていた時は
ぶっ飛ばしてやろうかと思いました。
いや、失礼。
カップルとは反対の隣には世間一般でいうオタクっぽい兄ちゃんが。
その兄ちゃんのイヤホンから微妙にテクノっぽい音と可愛らしい女の子の声が聞こえてきました。
値段が安い裏にこんなデメリットがあるとはさすがに想像していませんでしたね。
まぁそんな車内も電気が消えると静かになりました。
ですがなかなか寝れなかったので、ipodで映画を見ることにしました。
以前から見ようと思ってipodに入れてなかなか見れなかった作品。

「ALWAYS 三丁目の夕日」

正直あまり期待していなかったのですが、いや、だめでした。
バスの暗闇の中で一人号泣。
泣いてる途中に周りの環境に気付き冷静になるも、再び涙。
いいっすよ、吉岡秀隆、須賀健太。
泣きつかれていつの間にか眠りに落ちていたのは言うまでもありません。
そうして早朝大阪に着きました。

大阪での出来事はまぁ気が向けば…。
2008-05-19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。