入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト Diary > ふ~一息。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

ふ~一息。

こんばんわ、北村です。

いつも思うんですが「こんばんわ」か「こんばんは」はどっちが正しいんでしょ?

先日佐藤寛之さんのライブでベースを弾かせて頂きました。
なんやかんやで毎月誘って頂きありがたい限りです。
今回は寛之さんのバースデイライブということでしたが、
毎度の事ながらなかなかタイトなライブでした。
2日は鍵盤の西池さんが参加出来なかった為、
ギター、ベース、ドラムという編成でライブに臨みました。
寛之さん曰く過去最小の編成らしく、ある種やっている側としては
とてもスリリングなライブになりました。
もう楽屋では勢いで行くっきゃないとバンドメンバー無言で誓い、
おもいっきりはっちゃけました。

3日は西池さんも合流し、みんな若干の疲れを残しつつも、
いざステージに上がるとリミッターマックスで楽しめました。
やっぱり西池さんが加わるだけで前日とは全く違う安心感を感じました。
さすがっす。
セカンドセットでは寛之さんのファンの方々からのバースデイケーキも飛び出し、
ご本人にも喜んで頂けたんではないでしょうか?
ライブ中は真壁さんと一緒にぴょんぴょん飛び跳ねて回って、
最後まで駆け抜けました。
ライブ後はみんな楽屋で放心状態でマッタリ。
寛之さんは3日間まともに寝ていないとのことで相当お疲れの様子でした。

ライブ後は六本木でオージービーフを寛之さんにごちそうして頂きました。
ごっそさんです!
さすがに僕も帰宅後は即就寝。
とても充実した時間を過ごせました。

話が前後しますが2日ライブ中ちょっとしたパプニングがあり、
ライブ序盤、寛之さんMC中にギターの真壁さんが突然舞台袖に。
自分の前を通り過ぎて行ったんですが、
薄暗いライトのに照らされた真壁さんの指が真っ赤に染まっていました。
あとあと話を聞くとギターの弦に指を引っかけて爪をパックリやってしまったらしいです。
流血。
ただでさえROCK色の強いステージ上に血が飛び散り、
なかなか個人的に印象深いライブになりました。
真壁さんお大事に。

20081102
ドラムの東君のスネアドラムのヘッドにみんなでサイン。
東君お疲れ様です。
2008-11-05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。