入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト Diary > 沖縄旅行 Vol.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

沖縄旅行 Vol.1

2008062601
どうも、北村です。

先月末、以前にも少し触れた兄の結婚式が沖縄で行われるということで
行ってきました、南の国。

出発の時、東京は肌寒い空気で、
沖縄に着いたら真っ青な空が迎えてくれると思っていましたが、
那覇空港に着くなり歓迎するかのような横殴りのスコール。
なかなか楽しい旅になりそうだと思いながら街に繰り出しました。
翌日の結婚式に出る際に、着用を指示されたアロハシャツを購入する為国際通りを俳諧。
この時点で服はすでにびしょ濡れ。
店に入ると濡れた身体を芯から冷やすかのようにガンガンに効いたエアコンで
南の楽園はそんなに甘くない事に気付きました。

ですが、しばらくすると雨も上がり、沖縄らしい夕日を見る事が出来ました。
そして大阪から来た姉夫婦、おかん、翌日に式を控えた兄と合流。
そこらへんにいるうじゃうじゃいるフナムシや、
沖縄のコンビニでしか売っていないおにぎりに興奮しながら
山を奥入った所にある、いい雰囲気の沖縄料理屋で舌鼓を打ちました。
オープンスタイル室内に大量に虻が舞い込んで来ましたが、
置いてあったメニューを武器に撲殺を繰り返す新郎を見て
家族を守っていけそうだと思いました。
久々に姉夫婦の息子、つまり甥にも再会。
甥は手に届く範囲ならば何にでも手を伸ばし、
口に運んでそれが何か確認するといった危なっかしさで
なんとも癒されました。

兄が用意してくれたホテルもロハスな感じでいい感じ。
なんと全室バルコニーにジェットバスがあるというような豪華さ。
こんな豪華な部屋を用意してくれた兄の独身最後の夜を盛大に明かしてやろう
と思いましたが、明日朝早いからと断られ、部屋で早々に就寝しました。

2008062602

↑沈みゆく沖縄の夕日。

2008062603

↑わが甥。

Vol.2に続く…。


2008-07-06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。