入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト Diary > レコーディング三昧。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

レコーディング三昧。

基本的には普段ライブサポートが多いんですが、先月末からずっとレコーディングに携わることが非常に多いです。
ライブはその場のノリであったり、お客さんのテンションであったりその場でしか出せない音があって勢いで行ける部分が多く、無心で弾けるので楽しいのですが、レコーディングともなるとそうもいきません。
より繊細に他の楽器との絡み、ハーモニーを考えた上でより気持ち良い音を目指す。
そして自分の演奏の荒さや足りない部分が顕著に現れるから凹むことも多々あり。
でも、たまに奇跡テイクが出たりする時の快感はたまりませぬ。
そういう演奏が出来た時は、今までと同じことを弾いていても、その場にいる全員がそれがいいと言うので不思議なもんです。

まだ公には出来ませんが、またこちらで情報公開出来るようになったらお知らせします。

で、こっからは超マニアックな話。
ミュージシャン以外、普通の方には到底理解出来ないと思われるオタクな内容。
会社勤めのOLさんなどは今すぐ逃げて下さい。
ま、そもそもOLさんがここに見に来てるのかって話ですが、いいんです、来てるはず。

ささ、本題。
先日、知り合いのトラックメーカーYasuの依頼でベースRecに行って参りました。
彼とは去年知り合い、会うのはお久しぶり。にもかかわらずこうやって誘ってくれるのはホンマにありがたい。
(でも、、、待ち合わせに関してはホンマごめんなさい、以後気をつけますです、、、ハイ。)
この日はベースを3本持って行ってかなりご機嫌なトラックにいろいろ試しながらいろんなベーステイクを録り、奇跡テイクも飛び出したりしてかなり楽しいレコーディングになりました。
アレンジも含め、あーでもないこーでもないと言って制作して行く過程は面白すぎる。
そんなレコーディングの中、ベースに「キーン」というノイズが入っていることに気付きました。
よくテレビや蛍光灯の電波を拾ってノイズが出ることがあるんです。
原因不明ながらいろいろ対策を練っていたところ、どうやら自分の持っているManleyのDIに問題があるとのこと。
そこで、純正のひょろいのではなく彼の持っていたOyaideというメーカーが作っているBlack Mambaという蛇みたいな極太電源ケーブルに変えたところノイズが激減。
さらにベース自体の音が極太になって艶も出た結果に。
「もうこれは電源ケーブルというよりエフェクターやね」
と二人でびっくり。たかが電源ケーブルとはいえ侮るなかれ。
2010110902

↑下がBlack mamba。こんなに太さが違う。コネクターもやたらデカイ。
で詳しく聞いたところ、このケーブルお値段もかなりのもの。
でも、エフェクターやと思ったら出せるお値段。物欲に拍車がかかりますな。
あー音楽って本当にお金がかかる。
でもこの日はいろいろ得る物も多くて、本当に楽しいレコーディングになりました。
Yasu、誘ってくれて感謝です。
2010110901
2010110903
たくさんの美女達に囲まれて記念撮影。



ささ、ライブ告知もね。

11/18(木)
■代官山LOOP
heartfelt music
前川 紘毅/遊吟/森翼/山口貴大/地網大介
OPEN:18:30 / START: 19:00
ADV 2500YEN +1Drink / DOOR 3000YEN+1Drink
山口貴大のサポートで出まーす。
ワンマンも決まった貴ちゃん、ノリに乗ってます。

頑張りまーす☆


2010-11-16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。