入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト Diary > はるのまいワンマンライブ@渋谷BOXX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

はるのまいワンマンライブ@渋谷BOXX

さてさて、というわけで無事に終了しました。

2010052803

はるのまいワンマンライブ『唄の可能性~吉祥寺の風~』。

果たして何から書いていいものか…。
とりあえず、良い天気やった。
車で会場入りしましたが、移動中視界に入る景色が夏のように高い空で、最高のワンマン日和でしたね。
まいちゃんもリラックスした様子で、今回も前回の靴に引き続きステージで被る帽子を忘れるといったお約束をやってくれました。
一緒に行ったまいちゃんと奏子ちゃんがそれぞれ買ったオロナミンCとリポビタンDの匂いが車の中に充満し、自分は奏子ちゃんに貰った野菜スティックとクロレッツガムを口の中で食べ分けながら開場入り。
ワタシ自身初めての渋谷BOXXでしたがとても綺麗で、やりやすいハコでした。
いつも多方面でいろいろとお世話になっている天窓スタッフさんもたくさんお手伝いに来て頂いていて、何のストレスも無く演奏に集中することが出来ました。
リハ中に会場をセッティングしているたくさんのスタッフさんを客席から見てたんですが、この方々の為にも最高のステージを見せないといかんなと俄然燃える訳ですよ。
2010052802


メンバーもみんな緊張感のある中にもリラックスした様子で、リハーサルから終始楽しく演奏出来ました。
リハーサル終了後も、メンバー全員思い思いに空き時間を過ごし、崎陽軒のシュウマイ弁当を頬張りながら楽屋ではみんなiPod片手に脳内ゲネ。
エアヴァイオリンとエアピアノと本番中は殆どしないスティック回しを披露するモリタク。
20100528042010052801

そんなこんなで本編スタート。
板付き、ヴァイオリンから始まるイントロ。絡むピアノ。ゆっくりと上がる幕。
立ち見も出る程の満席の会場。
静寂の中響く、まいちゃんの力強い歌声。
一瞬にして変わる空気。

もう涙をこらえるのに必死でした。

時間にして約2時間のステージでしたが、本当にあっという間。
昨日はテンションが上がりながらも、集中し、時に冷静に演奏出来ました。
終わりに向かうにつれて終わってしまう寂しさがどんどん大きくなりましたが、最後にはとても大きな拍手をいただくことが出来、本当に嬉しかったです。
「はるのまい」というアーティストの良い部分を最大限に引き出そうとバンドメンバー全員で頑張り、それにしっかり応えて最高のステージをまいちゃんは見せてくれました。
やっぱり彼女の底力は半端無い。脱帽でございます。
お客さんからも多数お褒めの言葉をいただくことが出来、バンマスとして嬉しくもありがたい限りです。

ご紹介が遅れましたが今回はいつものメンバーに加えヴァイオリンの江里口奏子ちゃんをお迎えしました。
奏子ちゃんは丁度1年前にとあるアーティストさんの現場でご一緒し、それ以来どこかでまた一緒に演奏出来ればと思っていました。
今回、まいちゃんからヴァイオリンを探しているとの打診があり、真っ先奏子ちゃんにオファーしたところ二つ返事で快く引き受けてもらいました。
まいちゃんの楽曲にもバッチリ合い、生楽器が入ったことでより楽曲が温かく素晴らしいものになったと思います。
今回ヴァイオリンが入ることは完全シークレットにしていて、ヴァイオリンの音が会場に響き、お客さんが少しざわめいた瞬間、思わずニヤリとしてました。むちゃ良かったでしょ?
素晴らしい演奏を聴かせてくれた奏子ちゃんに感謝、ありがとう☆

ライブ終了後は、天窓さんのご好意で四谷天窓に移動し、会場を打ち上げ開場として使わせて頂きました。
お酒を片手にわいわいと達成感やらでみんな良い顔してました。
やっくんは相変わらずハイボール片手にご満悦。
2010052805

ワンマンライブって改めて楽しいな~と思った。
昨日と同じセットで全国いろいろと回りたい気分。
もっと自分自身も成長し、もっと良いステージを見せることが出来るようもっと頑張らんといかんですな。

まいちゃん、やっくん、森ちゃん、奏子ちゃん、スタッフ皆様、そして足を運んでくれた約200人ものお客さん、本当にありがとうございました~♪
当日仕事などで来れなかった方も多数いらっしゃったみたいですが、そんな方々の応援メッセージもとても心強かったです。

みなさん、お疲れ様でした~☆

1日が経って私は膨大な脱力感に襲われております。
放心状態なう。
2010-05-29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。